正当な業務ではないこと

正当な業務ではないこと

探偵社・興信所が探偵業務行うにあたり、「探偵業の業務の適正化に関する法律」、「個人情報の保護に関する法律」、「探偵事務所・興信所業者が講ずべき個人情報保護の為の措置の特例に関する指針」、その他の法令を遵守するのが原則といえます。

「別れさせ工作」、「復縁工作」、「復讐代行」といったような項目は、本来であれば探偵社・興信所が業務として行う項目ではないといえるでしょう。
最近では「消費者トラブル解決」をうたう悪質な探偵社・興信所も増加しております。

また、盗聴・盗撮行為、ストーカーや名誉毀損にあたる調査手法を用いることも原則的に探偵社・興信所としては正当な業務ではないと言えます。

電話やメールの発信先、着信や発信の履歴・内容などの通信の秘密、許可無く車両などに位置情報発信機等を取付けるなども同様です。

インターネット上には、多くの探偵社・興信所が存在しておりますが、上記の行為を行っている調査会社を名乗る探偵社・興信所も存在しているのでご注意ください。

下記の様な行為は、探偵・興信所として正当な行為とは言えません、くれぐれもご注意下さい。

  • 別れさせ屋などの「別れさせ工作」や「復縁工作」「復讐代行」などを行う行為
  • 盗聴盗撮行為やストーカーや名誉毀損などを行う行為
  • 電話やメールの発信先や着信や発信の履歴、内容などの通信の秘密を暴く行為
  • 債権回収業務(弁護士法違反)
  • 消費者トラブル解決をうたう探偵社・興信所

調査に関する苦情・トラブル・ご相談は「一般社団法人 北海道調査業協会」へお問合せください。

ページの先頭↑