上手な依頼方法

上手な依頼方法

探偵社や興信所に調査を依頼する際に、依頼者が上手に依頼すれば、探偵社や興信所の調査もスムーズに進むため、満足のいく結果が得られる可能性が高くなります。

探偵社・興信所へ相談する前に…

探偵社や興信所に相談しても、相談内容や依頼の目的等が伝わらなければ意味がありません。そこで、探偵社や興信所に相談する前に、自分なりに依頼の趣旨や相談内容、調査の目的を整理しておくことをお薦めいたします。

  • 調査をしてほしい期間
  • 何のために調査を行うのか
  • どのような証拠が欲しいのか
  • 最終的にどうしたいのか

など、対象者の情報は多いほど調査の参考になりますので、把握している情報は事前にまとめておきましょう。

※情報例
  • 対象者の写真(全身・顔・服装や持ち物など)
  • 自宅住所
  • 生年月日
  • 勤務先、勤務先所在地
  • 使用する車種・色・ナンバー・車の駐車場所
  • 車を所持していない場合は交通手段(徒歩・地下鉄の利用駅・バスの停留所など)
  • 普段のスケジュール
  • 立ち寄りそうな場所
  • 心当たりがあれば浮気相手などの情報

また、探偵社や興信所に相談や依頼をしたことは極力誰にも話さないようにしましょう。そこから共通の知人等を通じて、調査を依頼したことが対象者に伝わってしまう可能性があります。

電話・メールでのご相談

探偵社や興信所に電話でご相談する際には、必ずメモを取りましょう。ご相談内容にもよりますが、直接会って詳しく相談しないとお見積を出せない場合がございます。
その場合は、概算の調査料金や同じ様なケースではどの位の料金が掛かったのかを聞いてみましょう。

また、最近ではメールでも相談できる探偵社や興信所も増えています。相談者にとってメールで相談できるのは大変便利なのですが、一度のメールだけでは具体的な内容を十分に伝えることは難しいかと思いますので、[探偵社・興信所へ相談する前に…]の項目に記載した内容をわかりやすく送信すると良いでしょう。

なるべく複数の探偵社・興信所へ相談して、自分の相談内容に適した調査を行なってくれる探偵社を選びましょう。

ページの先頭↑