認定資格について

公認調査管理士 ~調査業界のデファクトスタンダードを目指して~

公認調査管理士の概要

  • 公認調査管理士は探偵業法等関連法案を熟知し、(一社)北海道調査業協会正会員のみが受験資格を有する。
  • 公認調査管理士は北海道調査業協会が開催する指定研修会を年間5割以上の出席率を持って更新とする。
  • 公認調査管理士は(一社)北海道調査業協会正会員から退会された時点でその資格権利を失う。
  • 公認調査管理士は(一社)日本調査業協会認定探偵業務取扱者試験範囲以上の知識とスキルを修めた者に付与する資格である。
  • 故に消費者に対して同一レベル資格と誤解を避けるため、宣伝広告物、ホームページ等での名称記載の際には当会認定の公認調査管理士と(一社)日本調査業協会認定資格との同時掲載を禁止する。
  • どちらの掲載を選択するかは会員の判断に委ねる。
甲種・・・・調査に不可欠な知識・情報
  • 探偵業法他関連法案に関する知識情報
  • 所轄監督官庁の知識情報
  • 消費者協会・弁護士事務所等、探偵業に深く関与する関連業の知識情報
  • 情報収集するネットワーク構築研究
乙種・・・・調査に欠かせない変化する機材・手法
  • 一般的に使用されている機材の基本的使用方法の確認
  • 調査上で使用する調査機材の基本仕様以外の使用方法
  • 基本的な調査手法の確認
  • 調査手法の応用
丙種・・・・調査を生業とする適確営業スキル・理念
  • 営業面での各セクションにおける基本技術の確認
    • 相談電話・面談・調査委任契約
    • 打ち合わせ・事前準備・本調査
    • 調査報告・調査報告書作成・アフターケア
  • 広告宣伝に関する現状実態の考察研究
  • 新規市場拡大を模索し、実践の可能性を探る

ページの先頭↑