認定資格について

公認調査士2種・1種について

上級調査員・探偵のための標準基準の知識を! 一般者(上級管理者)向けの探偵術

公認調査士2種・1種とは

公認調査士2種並びに1種はいわゆるスペシャリストとしての位置づけ

公認調査士2種・・・・甲類(個人向け)・乙類(企業向け)の2系統から構成され、甲・乙類共に上級の探偵・調査員として単に尾行術・張り込み術・聞き込み術等に優れているばかりではなく、自己防衛のためのセルフディフェンス・逮捕術などが実技研修会として履修義務が課せられる(単位)。

甲類では特殊調査機器活用術・建築構造物の基礎知識をも有するものに与える。

乙類では一般企業のリスクマネジャーとして活用できる知識を保有するものに与える。

公認調査士1種・・・・受験資格は2種甲類・乙類を取得したもの。

調査企画の設計及び理論の活用。

調査事例の調査・研究を遂行できる能力を有すものに与える。

ページの先頭↑